<< 神戸キモノデコレーション、お品書きその弐! | main | 2016 SS Collection からの新作発表! >>

新作浴衣、今年も出ます!

わ、わああ、前回の記事2月…
怒涛の更新スペース!今年のsayakanaはちょっと違うぞ!
と、思わせておいてのていたらく!
いやむしろこれこそsayakanaクオリティ!
…更新とまっててすみません……。゚(゚´ω`゚)゚。
言い訳をするとですね、今年の新作浴衣の方に全力かけてました。
去年は4月まで出店イベントなどなかったので
結構じっくりと取りかかれたのですが今年は有難いことに既にイベントたくさんで…
合間を縫って制作するにはとても時間がなく…
落ち着いたら、落ち着いたらじっくりブログを…と思っていたら4月下旬なう。
そしてこれから6月初旬まで週末はどこかしらのイベント予定あり。
有難い。有難いです…全力頑張ります…!
神戸や群馬の出店レポも記事にしたいですが、まずはこちらの告知から。
5月の11日〜14日、原宿で新作&旧作含めた浴衣と帯の受注展示会を行います!!

わーー!!(ぱちぱちぱち)

前回は6月初旬、中旬からオーダー品を染め始めました。
しかし、梅雨で湿度高いし乾かないし…。
使っている染料が湿度大敵なので、今年は早めましたっ!
出店の都合で結局6月中旬からの染色になりそうですが(´・ω・`)
本当は3月くらいの開催がベスト…来年はちゃんと計画たてにゃ…。

そして、公募のモデルさんを含めて作品撮りも完了しております!
以下展示タイトルとコンセプト!


ーーーーーーー
2017 Spring & summer Collection
《吸いあげる樹木、吸いよせられる羽虫》
和服姿は、どこか凛とした樹木のよう。
脈々と大地を吸いあげ、強く逞しく幹は天空へと伸びていく。
帯はさしずめ、樹液を求めて魅かれる虫達の集まり。
甘い強烈な魅力に吸い寄せられたら、もう還れない。
ーーーーーーー

今年のコレクションテーマは、私が大学3年生の時に初めて染めた浴衣のテーマです。
樹木と羽虫、この2つがキーワードで、今回改めて柄をおこしました。


男性の浴衣が樹木、女性の浴衣が羽虫。
裏テーマはセクシーで艶やかな男と女。
甘い蜜を求めて、ひらひらと殿方に吸い寄せられる少女。
いや、蠱惑したのは果たしてどちらだろうか。
男の心をとろかす甘い蜜で、艶然と笑い、発散する強烈な魅力の芳香。
横溝正史の金田一耕助シリーズ《女王蜂》より少し引用。
活字が苦手な私ですが、どうしてもひっかかったこのタイトル。
古本屋探し回り、久しぶりに長編小説読みました…!
そして、まさに今回のモデルはこの小説のヒロインのような子だと確信。
うまれながらにして女王の気品と、気高さを持ちつつもまだ少女である無垢さと危うさ。
そんな方に浴衣「吸いよせられる羽虫」を着てほしい!
そうして公募59名の女性から選んだのが彼女でした。

若干19歳の学生モデルの友貴さんです。
ネット募集で写真でしか判断出来ませんでしたが、
きっとイメージ通りの画が撮れると思いました。
やはり、私の読みは間違いなかったですo(`ω´ )o!


去年からお世話になっている俳優の中太佑さんも艶男感増し増しで挑んで下さいました♪
2016年の金魚の白昼夢からも新作あるので、追々紹介していきますね!

今年のコレクションは、私の和装に対する原点回帰となる大事な展示会になりそうです。
人が色を、衣を纏うのは、誰かの為であり、自分の為である。
確固たる美しい意志を持った装いはひとを強くする。
自信を、勇気を、どうどうとした誇りを。
そんな、あなたにとっての勝負服となりますように。
彩り irodoriからとっておきの一着を提供させて頂きます!
作品 | comments(0) | -
 
Comment