WEB受注会の説明&お品書き。

明日、6月25日、WEB受注会があります!
展示会へ足を運べなかった方、地方の方、大変お待たせしました。
いつもなら展示会後すぐに通販ページ作るのですが、
5月の受注会で予想以上の発注を頂きまして…
作業量というより、精神的なプレッシャーに負けまして…(笑)
メンタルキャパシティオーバーにより、
その受注分を消化しないことにはなんともでした。
現在5月受注分の浴衣は全て仕立てに出し、帯の染色も半分以上完了。
終わりがみえてやっと次の受注を受けれることとなりました( ´ ▽ ` )
遅くなってしまい申し訳ありません。

発注をお考えの方は以下の詳細をよくお読みくださいね!

まず、ご留意して欲しい事があります。
反物の染色は、一反13mととても場所をとります。
なので現在自宅のアトリエとは別の作業場と染工場を借りております。
作業効率的にある程度まとまった数を一気に染め上げる為、
現在お受けしても染め上がりは7月の下旬頃になります。
これは反物での仕上がりです。
浴衣への縫製は夏は和裁士さんも繁忙期なので一週間〜二週間はかかります。
つまり浴衣としての完成品お渡しは8月初旬〜中旬ということです!
昔に比べると気温も高く、9月くらいまで着用は可能ですがね…。
ほら、花火大会とかは、ほとんど8月始めで終わっちゃうし…。
浴衣ベストシーズンは7月中旬〜8月初旬だと思っているので!
そーゆの大丈夫ー!他に予定あるんで!そこで着ます!
反物でもらえたら自分で縫いますー!
和裁士さん他にいます!
みたいな方はぜひご発注下さい!
誠心誠意染めさせていただきます\\\( 'ω' )////

●ご発注方法●

高額の取引と選択事項が多い為、メールフォームを設置します。
この記事と閲覧専用のサイトにて金額の確認や品物を選別下さい。
1〜2日の間に支払い方法等を記載したメールを返信致します。
メールフォームオープンは、25日の20時からです!
5日間くらいの受付期間を予定しております。
※受注数によって、3日で締める場合があります。

●お支払い方法●

基本、銀行振込です。
注文確認メール到着後、一週間以内にお振込下さい。
浴衣をご発注の方のみ、クレジットカード使用可能です。

●浴衣のお品書き●

浴衣リストは以下になります。
(2017年7月現在のもので、今後変動する可能性があります。)
一番単価の低いゆかた生地の反物の価格です。

地紋?のないフラットな生地です。
涼しさ ★★★☆☆


祭囃子と天の川 63500円


金魚の白昼夢〜朱〜 67500円


金魚の白昼夢〜藍〜 59500円


金魚の白昼夢〜墨〜 47500円


いとしらうたし藤 28500円


吸いあげる樹木 28500円


吸いよせられる羽虫 55500円

プラス料金で、以下の生地に変更可能です。

綿ゆかた乱紅梅 +1000円
格子になっている生地です。
涼しさ★★★★☆

麻混ゆかたしらさぎ +1700円
麻が30%混じる生地です。ややシワになりやすいです。
涼しさ★★★★☆

綿ゆかた たて絽 +3000円
透け感があり、ハリのある生地です。
涼しさ ★★★★★

お仕立て代はプラス10000円、いしきあては1000円で着けれます。
※いしきあて:着物の尻の部分の裏を補強するためにつける布。透け防止にもなります。

●帯のお品書き●


金魚の兵児帯 22000円


色は、琉金、青文魚、黒出目金の3種類です。

ヒレのカット加工が2つあります。

柄ありと、柄なし。
柄はあぶくのような柄で、可愛い仕上がりです。
柄ありは+2000円です。
柄無しはシンプルに、リアルめのヒレになります。
箔の色は金か銀を選べます。


吸いよせられる羽虫の半幅帯 23000円
長さ4mで、幅と長さにご希望あれば承ります。

以上です!
こちらが閲覧専用サイトで、其々の詳細画像があります。
2017 SS Collection 閲覧専用サイト

ちなみに、7月1日に東上野のギャラリー心さんでも1日限定受注会をします!
やはり羽織って確かめるのが一番ですのでね。
来場可能な方はぜひお越しください♪
お仕立て込みの方はその場で寸法も測ります。
イベント詳細はこちらのサイトをご確認ください!
夏の装い市 告知サイト


素敵な作家さんと夏の装いのご提案をするイベントです( ´ ▽ ` )

その他ご質問ありましたらこちらにお問い合わせ下さい。
sayakana0908@gmail.com
WEB受注会、明日オープン!
今しばらくお待ちくださいね!
INFO | comments(0) | -

受注展示会レポですよ!

関東梅雨前線活発になって参りましたこの頃いかがお過ごしでしょうか。
時節の挨拶がちょうどいい更新頻度のブログとなっております!!

毎週どこかしらに出店していた怒涛の5月が終わり、6月まで終わろうとしている!
前に!
せめても!
2017 SS Collection 受注展示会!
お越し&ご声援下さった皆様ありがとうございましたーー!!涙
レポです!


会場の様子はこんな感じでした!
色々羽織ったり、写真撮ったりと、ご来場の方に楽しんで貰いたいなあと
什器は業者さんにがっつりレンタル!



フォトブースは、2017SSと2016SSで区切り。
もう色々作り込んだり採算度外視でやりすぎて、
搬入前夜は「こんなやり込んで、全然お客さんきてくれなかったらどーしよう…」
と眠れませんでした(笑)
いや、そんなナーバスになったのは前日くらいだったので意外とメンタル強い?
くらいには予算つぎ込みました。

搬入は、2017 SS 「吸いあげる樹木、吸いよせられる羽虫」に
即興小説を寄稿下さった作家の晴川穂浪さんと、知り合いにお願いして3名!
それでもオープン17時にギリギリ間に合う感じでした><;
ふう、と一息つく間もなく、開場と同時にお客様がお越しくださいまして…!
初日から大盛況で、もう本当にほっっっとしたの覚えてます…。
ギャラリー閉場して食べたおにぎりがその日初の食事だったと気付く。
気が張ってましたねー…。

以降も、毎日たえずお客様がいらっしゃいました♪
フォトブースもたくさんの方に利用してもらえてホクホク。




4日間のお客様スナップまとめです!
皆様楽しんで下さったので、頑張ってよかった…。゚(゚´ω`゚)゚。
お客様の笑顔で全ての疲労が吹っ飛ぶのです。


作家の晴川さんはお着付けもプロ。
開催中も駆け付けて下さり大変お世話になりました…


土日はモデルの友貴さんが生けるマネキンをつとめてくれました♪
作品は金魚の兵児帯が圧倒的人気でしたね。
展示会限定のカラーオーダー制だったので、
染料のことを解説しながらじっくり色決めを話し合いました。
浴衣は去年に引き続き、金魚の白昼夢。
お値段一番はるのに、驚きです。金魚人気すごいなあ!


私は良い柄を生み出すことに一番注力しております。
金魚の白昼夢は柄の中でも自分の好き放題作った柄です。
気に入ってますが、
去年から色んな方に着用してもらい感じたのは人を選ぶ柄だなあと。
似合う似合わないがなかなかハッキリ分かれる。
だから今年は、人を選ばない柄を作りたい!が制作のテーマでした。


そういう意味で、吸いよせられる羽虫は、
大柄で色が抑えめ、日本人の肌映りのよい薄紫、引き締めの黒など、
老若問わずどんな人にも合うのを意識して作りました。
これは見事に成功、展示会でこの浴衣を羽織って似合わなかった人はいなかったです!
お写真は着物モデル経験ありのお客様。
麗しすぎて目が幸せでした…。
受注数は金魚の白昼夢が圧倒的なのですが(笑)
この柄は、羽織って真価を発揮する子です。大器晩成型かな?
当初の目的は達成出来たので、それだけでも満足感でいっぱいです♪

しかし、柄のデザインをし始めて気付いたのは、
人気がある柄はだいたい、私が好き放題やった柄だなあと。
つまり、これからもどんどん自分出していっていいってことですよね!
ふふふふふ、心強いリサーチ結果です。
夏は始まったばかりですが、来年のデザイン妄想が膨らんでおります( ´ ▽ ` )

いやいや、その前に受注分の制作と、WEB受注会ですね!
夏はまだ始まる前。
きっと一年で一番忙しい季節!駆け抜けるどー!!
でも自分もしっかり夏は楽しみます☆

そして今回ご協力頂いた方々にも改めて。
撮影にて素晴らしい画をいくつもおさえて下さったカメラマンの楽太郎くん。
美しい着姿で魅力的なモデルをつとめて下さった中太佑さん、友貴さん、佐藤りなさん。
完璧な着付け、スタイリング、帯結びの考案をして下さったうさぎ小町さん。
DMのデザイン、撮影ディレクション諸々サポートして下さったナカイヨシキさん。
小説の寄稿とお客様の着付けをお手伝い下さった晴川穂浪さん。
いつもお世話になっている和裁士さんや湯のしやさん。
たくさんのプロフェッショナルの方々の力でここまで来れました。

ありがとうございます、これからも彩り irodoriをよろしくお願い致します!
そして来年も頑張ります!
イベントレポ | comments(0) | -

展示会、オーダーについて!


彩り irodori 2017 Spring&summer Collection
「吸いあげる樹木、吸いよせられる羽虫」

和服姿は、どこか凛とした樹木のよう。
脈々と大地を吸いあげ、強く逞しく幹は天空へと伸びていく。
帯はさしずめ、樹液を求めて魅かれる虫達の集まり。
甘い強烈な魅力に吸い寄せられたら、もう還れない。

ーーーーーーーーーーーー
彩り irodori 2017年の新作浴衣、アクセサリーの展示受注会です。
どなた様もお越し頂けます。お気軽に足をお運び下さい。

会期:2017年5月11日(木)17時ー20時(プレオープン)
5月12日(金)〜13日(土)11時ー20時
5月14日(日)11時ー18時
会場:Designfesta gallery原宿
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前3-20-2
TEL : 03 - 3479 - 1442

いよいよ展示会ですーーー!
風邪をこじらせて色々作業押してまーす!!(´;ω;`)
皆様も寒暖差には十分お気を付け下さいね…手洗いうがいしっかり…!

そんなこんなで、色々と告知したかった内容が薄くなっちゃいそうなんですが…
これだけは!しておかねばと!
販売とオーダーに関してでございます!

今回の展示会、アクセサリーや手ぬぐいなどは即売でお持ち帰り出来ます。
オーダーとなるのは、価格帯の大きな、浴衣と帯です。
基本的には先着順での受付、今夏のお渡しです。
ちょっと、どれだけの受注が来るか全く読めないのですが…
私は1人しかいないので、今夏で受けられる数しか受けない予定です。
だいたい、浴衣には一ヶ月、帯は半月くらいかかると思って下さい。
6月から染色を始めますので、一番早いお渡しで7月初旬となります。

そして今回から、浴衣は反物での価格になります!
ご自身で仕立てる、お気に入りの和裁士さんがいる、など色々ありますしね。
もちろんお仕立ても承りますが、反物の方が早くにお渡し可能です。
さらにさらに…生地を選べるようにしましたー!

サンプルどーん。
全て木綿です。
生地にも格があり、夏着物として襟付きで着るなら絽か乱紅梅が無難…
みたいな話を聞き、一応選んで染めていました。
が、格なんて気にならない、生地は単価低くていい、という方もいるのかなと。
逆に、とっておきで着たいから、生地もいいやつを!という方も。
ご用意した生地はどれもいいものですが、やっぱり其々個性があります。
涼しさ、皺になりにくさなら圧倒的に綿絽ですね。
高いだけの理由があります。
ご予算もあると思いますので、触ったり羽織ったりしてじっくり悩んで下さいね♪
また、原価工賃など再計算し、
去年の価格より変更になったものがいくつかあります。
一点一点手染めしているのでその点はご理解下さると嬉しいです><



帯は二種類、新作の吸いよせられる羽虫の半幅帯と、
金魚の尾ひれの兵児帯です。
こちらは展示会限定で、カラーオーダーで承ります!


カラーチャートのチップも用意したので、
お互いの色イメージのすり合わせも可能。
ただ、顔料じゃなくて染料なので、出来る範囲は限られてきます。
その辺りをお教えしながら、
納得の一本をお客様と作り上げられたらなと(*^o^*)


オーダーシートも作りましたよー!
手書き!どんどんアナログ化していってます…笑

今回はおひとりおひとりとしっかりご相談したいので、
もしかしたらお待たせしてしまう方が出たり、
対応に遅れがでるかもしれません。
その点はご了承下さい。


土日は今期のモデルの友貴さんも売り子兼生けるマネキンちゃんとしております★
あとあと、展示会の醍醐味ってやっぱりフォトブースだよね…!
ということで、会場のセッティングもめちゃくちゃ拘りました。
什器も業者さんに発注!
もはや、採算度外視!!
いいんです、年に一回、自分が好き放題飾れる場ですもの。
ここでやらんでいつやると!

去年の倍くらい楽しめる仕掛け盛りだくさんにしました。
宜しければご高覧下さい!!
お待ちしておりますー!・:*+.\(( °ω° ))/.:+
INFO | comments(0) | -

2016 SS Collection からの新作発表!

今年もやって参りましたねー大型連休!
ゴールデンウィークに遊びに出かけた記憶がここ数年はありません!
皆が出掛けたいシーズンはイベント盛り沢山稼ぎ時ですからね!
周りや、メディアがウキウキしてる様子を
眺めてるだけで結構楽しい元来の引きこもり体質です( ´ ▽ ` )
展示会まであと1週間きって、今はそっちに尽力するしかないですしね!

というわけで、今回は2016 SS Collection《金魚の白昼夢》からの新作発表です!


去年、ご好評頂き、未だに根強い人気を誇っております。
このコレクションはもともとオリジナルストーリーに基づいた作品でした。


夜店で青年に飼われた金魚は、その青年に恋をして、自分が人になるという白昼夢をみる。
人魚姫ならぬ金魚姫の淡く切ない恋物語。
そして、今年はそこから一転二転三転。


夢は夢でも三匹の金魚が、人になって一夜限りのお座敷遊びをするという白昼夢。
豪奢に艶やかにをテーマにしました!
今年は青と黒のカラーが登場、それに合わせて男性の浴衣もご提案。
この頃は殿方でも派手好みの方が増えたのではないかなあと思っています。
私も晴れ舞台には思いっきり歌舞いて欲しいという願いも込めて!(笑)
もちろん、黒金魚は女性用にもお仕立て出来ます。
赤だと若すぎて…という方におすすめです♪

しかし、この三色を見ていると何かを彷彿とさせる…と感じていたのですが、
この前これが風にたなびいているのを見て、はっとしました。

鯉のぼり…!!!(゚Д゚)
いや、うちのは金魚です!!

さらに、本当は去年同時リリースしたかったのですが、作った事が無かった為断念。
素材探し、染料、染色方法などを吟味して、改良し、ついについに…!
金魚の兵児帯をリリースします!!

ばばーーんっ!どうですか可愛くないですかっ!


ちなみに去年。市販品の化繊の兵児帯を染めました。
が、化繊の染料臭いし取り扱い面倒だし商品化としては微妙…。
そこで、涼しく結びやすいと情報があった楊柳生地を仕入れました。


このしぼが、なんともヒレっぽくてイイ。

さらに、ツイッターで一時期話題になったイラストレーター緒方沁さんのこの画像。


なんて金魚!なるほど端はヒレっぽいカットいいですねー!
そんな素敵な提案を下さった沁さんのウェブサイトはこちらです♪
しみじみ

そして、端処理しなくていい方法を考えたのが、箔プリント。

糊を使って箔フィルムを熱圧着させる技法で、その糊ついた部分はほつれにくくなります。
ヒレの形にそってカットすることで、端処理せず、軽やかで綺麗な仕上がりになりました♪


加えてですよ…今回初めて撮影にスタイリストさんをお呼びしたのです。
作品委託でもお世話になっている、アンティーク着物屋のうさぎ小町さん。
うさぎ小町
赤金魚は甘く可愛く、青金魚はキリっとクールなスタイルで、とお願いしたのですが…
そしたらスタイリングは勿論で、帯結びがまさに、素晴らしくて!



帯枕入り、兵児帯二本使いでボリューミーでまさに金魚の尾ひれ!!
感動です…!


男性のも、スッキリと、しかししっかり金魚のヒラヒラ感出ていて!
流石としか言いようがなかったです…。
うさこまさんありがとうございました…!。゚(゚´ω`゚)゚。
こちらの帯結びハウツーはご購入者様に特典としてプリントで差し上げます!
動画も撮る予定なのでぜひぜひこの夏チャレンジしてみて下さいね♪

展示会ではグラデーションや箔の色味など
全てご要望にお応えすカラーオーダー形式にしようと思っております。
対面でご相談が出来るからこその利点を最大限に活かしたいなと。

オーダーについてのあれこれもブログにまとめます!
さあ、あと少し、出来る限りの事をやっていくぞーー!おー!
作品 | comments(0) | -

新作浴衣、今年も出ます!

わ、わああ、前回の記事2月…
怒涛の更新スペース!今年のsayakanaはちょっと違うぞ!
と、思わせておいてのていたらく!
いやむしろこれこそsayakanaクオリティ!
…更新とまっててすみません……。゚(゚´ω`゚)゚。
言い訳をするとですね、今年の新作浴衣の方に全力かけてました。
去年は4月まで出店イベントなどなかったので
結構じっくりと取りかかれたのですが今年は有難いことに既にイベントたくさんで…
合間を縫って制作するにはとても時間がなく…
落ち着いたら、落ち着いたらじっくりブログを…と思っていたら4月下旬なう。
そしてこれから6月初旬まで週末はどこかしらのイベント予定あり。
有難い。有難いです…全力頑張ります…!
神戸や群馬の出店レポも記事にしたいですが、まずはこちらの告知から。
5月の11日〜14日、原宿で新作&旧作含めた浴衣と帯の受注展示会を行います!!

わーー!!(ぱちぱちぱち)

前回は6月初旬、中旬からオーダー品を染め始めました。
しかし、梅雨で湿度高いし乾かないし…。
使っている染料が湿度大敵なので、今年は早めましたっ!
出店の都合で結局6月中旬からの染色になりそうですが(´・ω・`)
本当は3月くらいの開催がベスト…来年はちゃんと計画たてにゃ…。

そして、公募のモデルさんを含めて作品撮りも完了しております!
以下展示タイトルとコンセプト!


ーーーーーーー
2017 Spring & summer Collection
《吸いあげる樹木、吸いよせられる羽虫》
和服姿は、どこか凛とした樹木のよう。
脈々と大地を吸いあげ、強く逞しく幹は天空へと伸びていく。
帯はさしずめ、樹液を求めて魅かれる虫達の集まり。
甘い強烈な魅力に吸い寄せられたら、もう還れない。
ーーーーーーー

今年のコレクションテーマは、私が大学3年生の時に初めて染めた浴衣のテーマです。
樹木と羽虫、この2つがキーワードで、今回改めて柄をおこしました。


男性の浴衣が樹木、女性の浴衣が羽虫。
裏テーマはセクシーで艶やかな男と女。
甘い蜜を求めて、ひらひらと殿方に吸い寄せられる少女。
いや、蠱惑したのは果たしてどちらだろうか。
男の心をとろかす甘い蜜で、艶然と笑い、発散する強烈な魅力の芳香。
横溝正史の金田一耕助シリーズ《女王蜂》より少し引用。
活字が苦手な私ですが、どうしてもひっかかったこのタイトル。
古本屋探し回り、久しぶりに長編小説読みました…!
そして、まさに今回のモデルはこの小説のヒロインのような子だと確信。
うまれながらにして女王の気品と、気高さを持ちつつもまだ少女である無垢さと危うさ。
そんな方に浴衣「吸いよせられる羽虫」を着てほしい!
そうして公募59名の女性から選んだのが彼女でした。

若干19歳の学生モデルの友貴さんです。
ネット募集で写真でしか判断出来ませんでしたが、
きっとイメージ通りの画が撮れると思いました。
やはり、私の読みは間違いなかったですo(`ω´ )o!


去年からお世話になっている俳優の中太佑さんも艶男感増し増しで挑んで下さいました♪
2016年の金魚の白昼夢からも新作あるので、追々紹介していきますね!

今年のコレクションは、私の和装に対する原点回帰となる大事な展示会になりそうです。
人が色を、衣を纏うのは、誰かの為であり、自分の為である。
確固たる美しい意志を持った装いはひとを強くする。
自信を、勇気を、どうどうとした誇りを。
そんな、あなたにとっての勝負服となりますように。
彩り irodoriからとっておきの一着を提供させて頂きます!
作品 | comments(0) | -